富士市 消化器内科 産婦人科 小児科 乳腺外科
医療法人社団義湧会 佐野医院
0545-61-1095
8:30~18:00(月〜土)
ご 予 約 インスタグラム

新型肺炎に対する感染対策について(2020/05)

~皆様にできるだけ安心して受診いただくために~

Ⅰ)ソーシャルディスタンス対策

佐野医院では健康診断や予防接種、一般診療で来院されている患者様と、発熱・咳・咽頭痛など何らかの感染症を疑われる患者様が、経路が交差しないように、時間的、距離的、空間的にソーシャルディスタンスをとれるように工夫しています。

発熱、咳のある方は、まずは車などでお待ちいただき、診察のタイミングでご案内します。その際は、他の患者様との接触を避ける形で移動いただき、診察室も別にするなどの配慮をさせていただいています。

Ⅱ)三密を避けるために

新型肺炎に感染しない、させないためには、いわゆる「3密」密集、密接、密閉が重なる環境を避けることが重要とされています。

1、密集を避けるような工夫をしています。

予約システムによって待合室に大勢の患者様が集まらないように工夫をしています。婦人科の患者様は受付して頂いたらそのまま二階の婦人科待合にお通しし、診察、お会計がスムーズに進むように工夫しています。

2、密接を避ける工夫をしています。

院内にお越しの患者様すべてにマスクの着用をお願いしています。非接触型体温計を導入し、受付では透明フィルター越しで対応させていただいています。

3、密閉を避ける工夫をしています。

密な空間での感染が問題となっています。このため佐野医院では常時換気に加え、1時間に1回の全館換気を行っています。

Ⅲ)その他

1、 殺菌 消毒対策の徹底

紫外線殺菌灯

毎回、頻繁にアルコールで待合室の椅子、受け付け周辺、トイレ、診察室のベッドなどを消毒しています。

また、夜間には紫外線により全館を殺菌消毒しています。


2、職員の健康管理について

毎日始業前に体温チェックならび、体調不良者がいないか医師が診察を行っています。